So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Ubuntu 11.04(Server版)のインストール [Ubuntu]

Ubuntu のDesktop用とServer用の違いって、付属しているソフトのみかと思ったのですが、インストーラは、全く異なるようです。
Ubuntu 11.04のServer版をVMware Player環境にインストールして試してみようと思います。

インストール用のメディアは、次のページからDownload optionsとして「Ubuntu 11.04 - Latest version」と
「64-bit - (recommended)」を選択し、Start downloadボタンを押してインストーラCDをダウンロードします。
http://www.ubuntu.com/download/server/download

なお、ダウンロード可能なのは、最新版の11.04と直近のLTSである10.04LTSとなっています。

新規仮想マシン作成時には、簡易インストールを使用しないようにするため、「後でOSをインストール」を選択します。
ubuntu1104_server_001.jpg

ゲストOSはLinux→「Ubuntu 64 ビット」を選択します。
ubuntu1104_server_002.jpg

その他の仮想マシンの設定は、次の通りです。

ディスク容量:32GB
メモリ:4096MB
CPUコア数:4
CD/DVD:ダウンロードしたISOイメージファイルを使用

仮想マシンを保存後、起動します。
最初の画面で言語として日本語を選択します。
この選択画面は自動で表示されましたが、もし表示されていなければ、F2キーで表示できます。
ubuntu1104_server_003.jpg

続いて、F3キーを押し、キーマップがJapanになっていることを確認します。
ubuntu1104_server_004.jpg

F4キーを押し、モードは標準となっていることを確認します。
ubuntu1104_server_005.jpg

F5キーを押し、アクセス補助はなしになっていることを確認します。
ubuntu1104_server_006.jpg

F6 その他のオプションは設定しません。
メニュー一番上の「Ubuntu Serverをインストール(I)」を選択して、実行します。
ubuntu1104_server_007.jpg

インストーラの翻訳が完全ではない旨、表示が出ますが、「はい」を選択します。
ubuntu1104_server_008.jpg

国は日本となっていることを確認します。
ubuntu1104_server_009.jpg

ホスト名を入力して続けます。
ubuntu1104_server_010.jpg

タイムゾーンが「Asia/Tokyo」となっていることを確認して、「はい」を選択します。
ubuntu1104_server_011.jpg

パーティショニングについては、「ガイド - ディスク全体を使う」を選択しました。
ubuntu1104_server_012.jpg

ディスクは1台しかないので、表示されたものを選択します。
ubuntu1104_server_013.jpg

ディスク書き込みの確認が出るので「はい」を選択します。
ubuntu1104_server_014.jpg

ベースシステムのインストールが始まります。
ubuntu1104_server_015.jpg

作成するユーザの本名を入力します。
ubuntu1104_server_016.jpg

ユーザ名を入力します。
ubuntu1104_server_017.jpg

ユーザのパスワードを入力します。
ubuntu1104_server_018.jpg

確認のため、パスワードを再入力します。
ubuntu1104_server_019.jpg

ホームディレクトリの暗号化については、今回は「いいえ」を選択しました。
ubuntu1104_server_020.jpg

プロキシは、ブランクのままとしました。
ubuntu1104_server_021.jpg

アップデートについては、「セキュリティアップデートを自動的にインストールする」を選択しました。
ubuntu1104_server_022.jpg

ソフトウェアについては、今回は試しでインストールするだけなので、「Manual package selection」のみを選択しました。
ubuntu1104_server_023.jpg

ここで、インストールするパッケージを選択できます。
ubuntu1104_server_024.jpg

うっかり「g」を押したら、インストールが始まってしまいました。
ubuntu1104_server_025.jpg

一旦この状態で、「q」を押します。
ubuntu1104_server_026.jpg

「Yes」を選択します。
ubuntu1104_server_027.jpg

マスターブートレコードにGRUBをインストールするかとの問いには、「はい」を選択します。
ubuntu1104_server_028.jpg

CDが切断されていることを確認して続けます。
ubuntu1104_server_029.jpg

再起動後のGRUBメニューでは、一番上の
「Ubuntu, with Linux 2.6.38-8-server」を選択します。
ubuntu1104_server_030.jpg

コマンドラインでのログインとなります。作成したユーザでログインします。
ubuntu1104_server_031.jpg

ログインしました。
ubuntu1104_server_032.jpg

しかし、どうも日本語メッセージが文字化けしているようです。
ubuntu1104_server_033.jpg

対応としては、まず、以下のコマンドを入力して、ホームディレクトリの.bashrcをnanoエディタで開きます。
$ nano ~/.bashrc

ubuntu1104_server_034.jpg

ファイルの末尾に以下の内容を追記します。
case $TERM in
linux) LANG=C ;;
*) LANG=ja_JP.UTF-8 ;;
esac

入力完了後、Ctrl+Xキーを押します。
ubuntu1104_server_035.jpg

文字が化けてしまっていますが、「Y」を入力します。
ubuntu1104_server_036.jpg

このまま、Enterを押します。
ubuntu1104_server_037.jpg

ubuntu1104_server_038.jpg

続いて、次のコマンドにより、変更を反映させます。
$ source ~/.bashrc

ubuntu1104_server_039.jpg

メッセージは、英語になったことが確認できます。
ubuntu1104_server_040.jpg

rootでの作業時にも同じ現象が発生しうるため、次のコマンドでrootにスイッチ後、上記と同じ方法で、~/.bashrcファイルに追記をします。
$ sudo su -

ubuntu1104_server_041.jpg

ubuntu1104_server_042.jpg

ubuntu1104_server_043.jpg

ubuntu1104_server_044.jpg

ubuntu1104_server_045.jpg

ubuntu1104_server_046.jpg

ubuntu1104_server_047.jpg

サーバ用途では、GUIは必ずしも必要ではありませんが、あったほうが便利だと思うので、
VMware Toolsとデスクトップ環境をインストールします。
まず、VMware Toolsをインストールするのに必要なmake、gcc、linux-headersをインストールします。
次のコマンドを入力します。
$ sudo apt-get install make gcc linux-headers-`uname -r`

ubuntu1104_server_048.jpg

ディスク容量の確認については、「Y」を入力します。
ubuntu1104_server_049.jpg

make、gcc、linux-headersのインストールが完了しました。
ubuntu1104_server_050.jpg

続いてVMware Toolsをインストールします。
VMware Playerのメニューから、「仮想マシン」→「VMware Toolsのインストール」を選択します。
ubuntu1104_server_051.jpg

次のコマンドを入力し、CDROMをマウントします。
$ sudo mount /dev/cdrom /media/cdrom

ubuntu1104_server_052.jpg

/media/cdrom にVMwareToolsのファイルがマウントされていることを確認します。
ubuntu1104_server_053.jpg

次のコマンドでワーキング ディレクトリに移動します。
$ cd /tmp

ubuntu1104_server_054.jpg

次のコマンドでrootにスイッチします。
$ sudo su -

ubuntu1104_server_055.jpg

次のコマンドでインストーラを展開します。
# tar zxpf /media/cdrom/VMwareTools-8.4.6-385536.tar.gz

ubuntu1104_server_056.jpg

インストーラを実行します。
# cd vmware-tools-distrib
# ./vmware-install.pl

ubuntu1104_server_057.jpg

質問にはすべてEnterで答え、デフォルト値を使用します。
ubuntu1104_server_058.jpg

VMwareToolsのインストールが終わります。
ubuntu1104_server_059.jpg

rootアカウントからexitします。
ubuntu1104_server_060.jpg

GUIをインストールするために、次のコマンドを実行します。
$ sudo apt-get install ubuntu-desktop

ubuntu1104_server_061.jpg

Yを入力します。
ubuntu1104_server_062.jpg

処理が終了します。
ubuntu1104_server_063.jpg

次のコマンドで再起動します。
$ sudo reboot

パスワードを求められるので入力します。
ubuntu1104_server_064.jpg

再起動後はGUIでのログインとなります。
ubuntu1104_server_065.jpg

ただし、Unityは使えません。
ubuntu1104_server_066.jpg

端末を開き、次のコマンドを実行します。
$ /usr/bin/vmware-user

ubuntu1104_server_067.jpg

端末を閉じます。
ubuntu1104_server_068.jpg

メニューの表示が英語なので、日本語に設定をします。
「System」→「Administration」→「言語サポート」を選択します。
ubuntu1104_server_069.jpg

「インストール」を選択します。
ubuntu1104_server_070.jpg

パスワードを入力します。
ubuntu1104_server_071.jpg

しばらく待たされた後、言語サポートの画面が開きます。
ubuntu1104_server_072.jpg

スクロールすると日本語が一番下にあります。
ubuntu1104_server_073.jpg

マウスでドラッグして、日本語を一番上に持ってきます。
その後、「システム全体に適用」ボタンを押します。
ubuntu1104_server_074.jpg

パスワードを入力します。
ubuntu1104_server_075.jpg

しかし、言語サポート画面が入力できない状態のままとなってしまったので、
一旦、OSを再起動しました。
ubuntu1104_server_076.jpg

メニューが日本語に変わりました。
ubuntu1104_server_077.jpg

「システム」→「設定」→「モニタ」を開き、解像度を設定しておきます。
ubuntu1104_server_078.jpg

ubuntu1104_server_079.jpg

これで、インストールは完了です。
タグ:ubuntu
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。