So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Debian 6.0.1a のインストール [Debian]

Debian 6.0.1aをVMware Player環境にインストールしてみました。

今回も次のURLリンクから、amd64のDVDイメージをダウンロードしました。
http://cdimage.debian.org/debian-cd/6.0.1a/amd64/iso-dvd/
DVDのディスクイメージは全部で8枚ありますが、今回は1枚目だけを使用しています。

インストールの方法という観点だと、Debian5と比べて多少順序が変わっているものの、大きな変更はありません。

Debian6の8枚組のディスクイメージのうち、1枚目(debian-6.0.1a-amd64-DVD-1.iso)をインストーラ ディスク イメージ ファイルとして指定します。
Debian5の時は、インストーラディスクからOSの種類を検出できていましたが、Debian6はまだ検出できません。
(VMware Playerのバージョンは、3.1.3です。)
debian601a_001.jpg

ゲストOSはDebian6が選択肢にないので、「Debian 5 64 ビット」を指定しておきます。
debian601a_002.jpg

その他の仮想マシンの設定は、次のようにしています。
・ディスク最大サイズ:32GB
・メモリ:4096MB
・CPUコア数:4

インストールDVDイメージファイルより、仮想マシンを起動してインストールを始めます。
Installer bootmenuでは、Graphical Installを選択します。
debian601a_003.jpg

言語は日本語を指定します。
debian601a_004.jpg

場所は日本を選択します。
debian601a_005.jpg

キーボードの設定は日本を選択します。
debian601a_006.jpg

ホスト名はデフォルトで「debian」となっています。ホスト名を指定して続けます。
debian601a_007.jpg

ドメイン名を指定して進めます。
debian601a_008.jpg

rootパスワードを設定します。
debian601a_009.jpg

一般ユーザアカウントを作成します。ユーザの本名(でなくても構いませんが)を指定します。
debian601a_010.jpg

ユーザ名を指定します。
debian601a_011.jpg

作成するユーザのパスワードを指定します。
debian601a_012.jpg

ディスクのパーティショニングについては、今回は「ディスク全体を使う」を指定します。
debian601a_013.jpg

インストールするディスクを選択します。今回は1台しかありません。
debian601a_014.jpg

すべてのファイルを1つのパーティションにする設定を選択します。
debian601a_015.jpg

表示された内容のままで、ディスクへの書き込みを行います。
debian601a_016.jpg

「はい」を選択して続けます。
debian601a_017.jpg

1枚目以外のインストールディスクについても検査をすることができます。
今回は、ほかのディスクを使用しないため、いいえを選択し、検査は行いません。
debian601a_018.jpg

ネットワークミラーは使用しません。
debian601a_019.jpg

パッケージ利用調査については、どちらでもいいですが、参加しておきます。
debian601a_020.jpg

ソフトウェアはデフォルトで選択されている「グラフィカルデスクトップ環境」と「標準システムユーティリティ」のみを選択されたままの状態としました。
debian601a_021.jpg

MBRへのGRUBのインストールについては「はい」を選択。
もし、他のOSとのマルチブートができる環境でブートローダーがインストール済みの場合は、「いいえ」を選択します。
debian601a_022.jpg

インストールが完了したら、取外し可能デバイスから、インストールDVDイメージが切断されていることを確認して「続ける」ボタンを押します。
debian601a_023.jpg

再起動されます。
debian601a_024.jpg

ログイン画面が現れます。
debian601a_025.jpg

作成したユーザでログインします。
debian601a_026.jpg

続いてVMware Toolsのインストールに必要なソフトウェアをインストールします。
インストールにあたり、Dedianのインストール時に使用したインストールディスク1枚目を接続しておきます。
debian601a_027.jpg

デスクトップにDVDのアイコンが表示されます。
debian601a_028.jpg

Debian上でアプリケーション→アクセサリ→端末を開きます。
debian601a_029.jpg

debian601a_030.jpg

次のコマンドを入力して、make、gcc、linux-headersをインストールします。
$ su - root
(rootパスワード入力)
# apt-get install make gcc linux-headers-`uname -r`

debian601a_031.jpg

「Y」を入力して続行します。
debian601a_032.jpg

debian601a_033.jpg

インストールディスクを切断します。
debian601a_034.jpg

続いてVMware Toolsをインストールします。
VMware Playerのメニューから、「仮想マシン」→「VMware Toolsのインストール」を選択します。
debian601a_035.jpg

自動的にCD-ROMがマウントされます。
debian601a_036.jpg

先ほど使用したrootユーザに切り替え済みの端末で、次のコマンドを入力してVMware Toolsをインストールします。
# cd /tmp
# tar zxpf /media/cdrom/VMwareTools-8.4.5-324285.tar.gz
# cd vmware-tools-distrib
# ./vmware-install.pl

debian601a_037.jpg

質問が多数出ますが、すべてEnterを押してデフォルト値を選択します。
debian601a_038.jpg

VMware Toolsのインストールが完了します。インストーラCD-ROMは自動的にアンマウントされます。
debian601a_039.jpg

次のコマンドを実行します
# vmware-user

debian601a_040.jpg

debian601a_041.jpg

端末でexitを入力します。
debian601a_042.jpg

debian601a_043.jpg

システム→設定→モニタで、画面の解像度を設定します。
debian601a_044.jpg

解像度を指定します。今回は「1280×960」としました。
debian601a_045.jpg

解像度が正しく変わったら「このままの設定にする」を選択します。
debian601a_046.jpg

モニタの設定を閉じて、設定完了です。
debian601a_047.jpg

念のため、システム→システム管理→アップデート・マネージャーにて、ソフトウェアの更新がないか確認します。
debian601a_048.jpg

rootパスワードを入力します。
debian601a_049.jpg

システムは最新の状態でした。
debian601a_050.jpg

タグ:Debian
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

penbox

助かりました、

by penbox (2012-03-23 12:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。