So-net無料ブログ作成
検索選択

FreeBSD 8.2-RELEASEのインストール [FreeBSD]

僕が初めてFreeBSDを触ったのは、2.2.6の頃。
会社にLinuxに興味を持った友人がいて、そいつはSlackwareのインストールCDが付いた本なんかを買って来て色々いじって遊んでました。

当時、PC-98を使っていた自分は、自分のPCでは、Linuxを使えないと思っていたのですが、その友人が言うには、Linuxは大きく分けて、RedHat、Slackware、FreeBSDの3つがあり、FreeBSDならPC-98でも使えるということでした。
もちろん、この話は間違いで、FreeBSDはLinuxではありません。(もし、Linuxを大きく3つに分けるなら、もう1つはDebianだと思います。)
しかし、このことに気づいたのは、ずいぶんあとになってからでした。

ともあれ、FreeBSDをPC-98で使えるというのは間違いではなかったため、早速店に行って、パシフィック・ハイテック社(現ターボリナックス)のパッケージ(しかも無謀にも色々付いてる高い方)を買ってきました。
当時、MS-DOSやWindows3.1や95、NTとOS/2は、使ったことがありましたが、Unix系OSは使ったことがなく、とてもハードルが高かったことを覚えています。Xを使用できるようにしたり、ダイヤルアップの設定をしてネットにつなぐのも一苦労でした。
今のようなブロードバンド環境が普及していなかった当時は、FreeBSDのインストーラCDを付録として付けてくれる月刊誌UNIX USERをとても重宝していました。

AmazonでFreeBSD書籍を調べてみると最近発売されたものは非常に少ないです。月刊誌SoftwareDesign(技評社リンク)では、時々特集を組んでくれますが、この記事がとても貴重な情報源となっています。



他のOSのインストーラがGUI化される中、FreeBSDのインストーラは、多少の変化はあるものの、昔ながらの構成を保っています。
(FreeBSD 9では、インストーラも変わるようですが。)
Software Design2008年4月号を読むとfinstallというGUIのインストーラも開発が進められてはいるようですが、調べてみると、もともと、Google Summer of Code project for the year 2007のために開発されたようで、今は開発が止まってしまっているように見えます。
http://ivoras.sharanet.org/blog/tree/2009-02-19.what-happened-to-finstall.html
ただ、デスクトップ用途向けには、FreeBSDベースのPC-BSDやDesktopBSDも開発されており、FreeBSDを取り巻く環境も変わりつつあります。

最近、あまり使わなくなってしまっているFreeBSDを久しぶりにインストールして記事を書こうとしたところ、思いのほか時間がかかってしまい、もたもたしていたら、FreeBSD9のBETA3まで出てしまいました。
また、Software Design 2011年10月号でも特集が組まれました。
(しかも、もう次の号まで発売されちゃって超タイミング悪いですが・・・)

Software Design誌は、ここ最近、FreeBSDのメジャーアップデートの直前に特集を組んでくれているようです。

今回は、VMware Player 4.0 環境上にFreeBSD 8.2をインストールしてみます。

続きを読む


タグ:FreeBSD

FreeBSD 8.2-RELEASE公開 [FreeBSD]

2月24日にFreeBSD 8.2-RELEASEが公開されていました。
http://www.freebsd.org/ja/news/newsflash.html#event20110224:01

むぅ、インストールしてみたいOSはたまっていく一方だな・・・
タグ:FreeBSD

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。