So-net無料ブログ作成

Plan9 に挑戦 [Plan9]

Plan9は、ベル研究所により、UNIXの問題点といえる部分を改善した
新型UNIXとでもいえるOSではないかと思われます。

しかし、残念ながら普及はしていません。
@ITでは次のような記事が書かれているほどです。

Linuxに勝てなかったPlan 9
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200902/09/future.html

以前、Linux World 2002年11月号に、Plan9 4th Editionが付録として付いていたので
当時自分のPCにインストールしようとしたのですが、
インストーラ起動時にエラーが発生し、インストールできませんでした。

今回、VM環境にPlan9をインストールし、どのようなOSなのか確かめてみたいと思います。

ベル研究所のPlan9ホームページ
http://plan9.bell-labs.com/plan9/

インストールメディアは、次のURL中の「CD Image」と書かれたリンクから取得します。
http://plan9.bell-labs.com/plan9/download.html

ダウンロードしたファイルはtarで圧縮されているので、解凍して「plan9.iso」を取り出します。

この「plan9.iso」を使ってインストールを行うのですが・・・

CDより起動すると、Startupメニューが表示されるまでに非常に時間がかかります。
おまけになにやらエラーも発生しているので、本当に大丈夫なの?と疑いたくなります。
Plan9 CD_4247_image002.png

で、この後、インストールは正常に行えるのですが、インストール後、OSを起動すると、
こんな状態となってしまい、OSを起動できません。
Plan9 CD_4247_image004.png

ディスク容量や各種インストール設定をいろいろ変えて試してみたのですが、うまくいきませんでした。

こんな時こそVirtualBox!
ということで、VirtualBoxの登場です。

インストーラを起動すると、VMware Playerでは、Startup Menuの表示までに非常に時間がかかりましたが、
VirtualBoxでは、非常に速く、またエラーもなかったです。
Startup Menuで1を選択してインストールを進めると・・・
Plan9 CD_4247_image006.png

エラー発生。先に進めませんでした(´・ω・`)
Plan9 CD_4247_image008.png

仕方がないので、VMware Playerに戻り、インストールではなく、
LiveCDからの起動で試してみることにしました。

Startup Menuで、2を選択してCDから起動します。
Plan9 CD_4247_image010.png

起動元はCDなので、デフォルト表示のままとします。
Plan9 CD_4247_image012.png

マウスはホイールがついているので、ps2intellimouseを指定します。
Plan9 CD_4247_image014.png

解像度は1024x768x24とします。
色数はビット数の表示。24ビットは約1677万色です。
Plan9 CD_4247_image016.png

モニタはデフォルトのxgaのままとします。
Plan9 CD_4247_image018.png

Plan9が起動しました。
Plan9 CD_4247_image020.png

しかし、このOSは何ができるのかという点を調べることからはじめて、
使いこなすのは大変そう。

ひとまず、Plan9の内容を深追いするのは、あとにしよう。
(俺ってダメダメじゃん)

タグ:Plan9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。