So-net無料ブログ作成

Windows 8 Release Preview のインストール [Windows]

2012年6月1日(日本時間)に公開されたWindows 8 Release Preview をVMware Player 4.0.3環境にインストールしてみます。

Windows 8 Consumer Previewについての情報は、次のURLに記載されています。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview

Release Previewは、従来だとRelease Candidateと呼ばれていたものと同等だと思います。

インストールに必要なファイルは上記URLのリンクから取得できますが、リンクを素直にたどっていくとセットアッププログラム(UpgradeAssistant)がダウンロードされ、
これを実行すると既存のOSをアップグレードする形になるようです。

今回は、仮想環境に新規インストールするため、次のURLからISOイメージをダウンロードしました。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso

今回は、日本語の64 ビット版をダウンロードしてインストールしました。
このページにプロダクトキーも記載されています。
インストール時に必要となるので、控えておきます。

まず、VMware Playerにて仮想マシンを新規に作成します。
インストーラディスクイメージとして、ダウンロードしたISOイメージファイルを指定します。
Windows8RP_001.jpg

ゲストOSについては、「Microsoft Windows」 → 「Windows 7 x64」を選択します。
Windows8RP_002.jpg

仮想マシンに名前を付けます。
Windows8RP_003.jpg

ディスク容量は120GBとしました。
Windows8RP_004.jpg

ハードウェアをカスタマイズします。
Windows8RP_005.jpg

メモリの割り当ては4096MBとしました。
Windows8RP_006.jpg

CPUは4コアを割り当てました。
Windows8RP_007.jpg

CD/DVDは、ダウンロードしたインストーラのISOイメージファイルが割りあたっています。
Windows8RP_008.jpg

意味があるかどうかはわかりませんが、念のため、ディスプレイの「3Dグラフィックスのアクセラレーション」にはチェックをつけておきます。
Windows8RP_009.jpg

仮想マシンウィザードを完了後、作成した仮想マシンを再生します。
Windows8RP_010.jpg

仮想マシンが起動します。
Consumer Previewの時の金魚みたいのはいなくなりました。
Windows8RP_011.jpg

セットアップ画面では、デフォルト表示のまま次へ進みます。
Windows8RP_012.jpg

「今すぐインストール」をクリックします。
Windows8RP_013.jpg

セットアップが始まります。
Windows8RP_014.jpg

インストーラISOファイルのダウンロードページに記載されていたプロダクトキーを入力します。
Windows8RP_015.jpg

ライセンス条項に同意して次に進みます。
Windows8RP_016.jpg

今回はアップグレードではなく新規インストールなのでカスタム設定を選択します。
Windows8RP_017.jpg

インストールするHDDパーティションを選択します。
「ドライブ オプション(詳細)」を選択するとパーティションの設定ができますが、今回は専用の仮想環境であるため、そのまま全体を使用します。(自動的に起動に必要なパーティションが切られます)
Windows8RP_018.jpg

インストールが始まります。
Windows8RP_019.jpg

インストール後、自動で再起動されます。
Windows8RP_020.jpg

再起動後、各種設定が更新されます。
Windows8RP_021.jpg

設定後、再起動されます。
まず背景の色とPC名を設定します。
背景の色はデフォルト設定のままとしました。
Windows8RP_022.jpg

設定については、簡単設定で十分な気もしますが、今回は試しに「自分で設定する」を選択しました。
Windows8RP_023.jpg

ネットワークにつなぐため、「はい」を選択します。
Windows8RP_024.jpg

デフォルトのまま、次に進みます。
Windows8RP_025.jpg

Microsoftには、情報を送らなくてもいいと思うので、今回はデフォルト値のままとしました。
Windows8RP_026.jpg

これもデフォルトのままとしました。
Windows8RP_027.jpg

HotmailやWindows LiveなどのMicrosoftアカウントを使ってサインインをすると、設定を複数マシン間で共有できるようなのですが、自宅には1台しかPCがなく、特に自宅外からの使用用途はないので、今回は「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」を選択しました。
ここで、Microsoftアカウントを使用しているのは、Windows Storeを使用させるためや各種SNS系アプリへの牽制ではないかと思います。
Windows8RP_028.jpg

今回は「ローカルアカウント」を選択しました。
Windows8RP_029.jpg

サインイン用のアカウントを作成します。
Windows8RP_030.jpg

Windows8RP_031.jpg

Windows8RP_032.jpg

ログインしました。メトロUIとなっています。
Windows8RP_033.jpg

「デスクトップ」をクリックすると従来のような画面に切り替わります。
Windows8RP_034.jpg

デスクトップで右クリックをして画面の解像度を設定します。
Windows8RP_035.jpg

今回は1280 x 960を選択しました。
Windows8RP_036.jpg

Windows8RP_037.jpg

Windowsキーを押すとスタート画面に戻ります。
ここでVMware Toolsをインストールしてみます。
まず今つながっている、インストーラISOイメージファイルを切断します。
Windows8RP_038.jpg

続いて、仮想マシン→VMware Toolsのインストールを選択します。
Windows8RP_039.jpg

右上に現れたDVDドライブの表示をクリックします。
Windows8RP_040.jpg

setup64.exeを実行します。
Windows8RP_041.jpg

「はい」を選択します。
Windows8RP_042.jpg

インストールが始まります。
Windows8RP_043.jpg

次へ進みます。
Windows8RP_044.jpg

完了(完全の間違いのような気もしますが)を選択します。
Windows8RP_045.jpg

「インストール」ボタンを押します。
Windows8RP_046.jpg

Windows8RP_047.jpg

終了します。
Windows8RP_048.jpg

「はい」を選択します。
Windows8RP_049.jpg

再起動します。
Windows8RP_050.jpg

ログインします。
Windows8RP_051.jpg

解像度が変わってしまったので、再度変更します。
Windows8RP_052.jpg

以上でインストールは完了です。
タグ:Windows
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

aoko

フロッピを削除しないと通りませんでしたが
参考にさせていただきました

ありがとうございます
by aoko (2012-06-25 14:10) 

Ben

自分のPCには、フロッピーディスクドライブがついていなかったせいかもしれませんが、そういうこともあるんですね。情報ありがとうございます。
by Ben (2012-06-30 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。